韓国の新外相任命で「日本は心中穏やかでない」?韓国報道にネットも同調

0pt   2017-06-19 16:57
かたすみ速報

2017年6月18日、韓国・YTNは、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、慰安婦問題をめぐる日韓合意に否定的な立場を明らかにしてきた康京和(カン・ギョンファ)氏を外交部長官に正式任命したことについて、「15年末に締結された日韓合意の履行を韓国側に何度も求めてきた日本政府の心中は穏やかでない」と伝えた。

記事は、文大統領就任直前の5月9日、菅義偉官房長官が会見で「日韓がそれぞれ責任を持って(合意内容を)実施していくことが極めて重要。(韓国に)合意の着実な実施を求めていきたい」と述べていたことを紹介。一方で外相候補に指名された康氏が6月7日、「最も核心となるのは被害者中心の法的責任と賠償だ。この部分において不明確な点があるため、合意は不十分だったのではないかと思う」と述べるなど、以前より日韓合意に否定的だったと解説している。


c?ro=1&act=rss&output=no&id=7648270&name
   時間つぶしアンテナトップページへ
時間つぶしアンテナの話題が沢山。