韓国のメンテナンスでボロボロ廃車目前「マニラMRT-3」脱線回避の徐行運転

1pt   2017-06-19 17:21
かたすみ速報

 2017年6月15日、現地メディアによると、マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、MRT-3の故障が多く、乗客を降ろす重大な故障が今月も頻発しており、正常運転を行うのは不可能な状態にまで劣化している。

 ピーク時に運行本数を減らし、速度制限(時速40~60→20kmへ)を行い長蛇の列ができた。代替バス80台を用意し、朝夕のピーク時(7時~8時、17時~19時)の利用を呼びかけた。電車の車両、線路両方に劣化があり、通常の速度で運行した場合、脱線の重大事故に繋がる恐れがある。利用者からは、メンテナンスを行う韓国の企業連合への非難の声が大きくなっている。

  c?ro=1&act=rss&output=no&id=7648270&name
   時間つぶしアンテナトップページへ
時間つぶしアンテナの話題が沢山。