【ワオワオ】潜水艦娘の集い【でちでち】 4

111pt   2018-07-12 16:50
アーミー速報

元スレ

1 :伊58:2016/04/03(日) 01:31:16.74 ID:???0.net
こんにちは!伊58です!
潜水艦のみんなのスレを作ったよ!よろしくでち

〜ルール〜
・潜水艦のみんなは誰でも来てね
・お下品な書き込みはいけないでちよ
・荒らしさんはスルーでち。構っちゃうのも荒らしでち
・気軽に書き込んでほしいでち

          ,.r-=
          (( -――-.(ソ
        /:::::::::::::::::::::::゚丶
        /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::::::|  
      〈|::::l ┃`’ <`-!:::::j 
       ji::〈 “  ヮ  “/::::::|  
        V`ゥrr-.rュイ人人
         ,/1::ー:’::! i
   .  ( ̄) ̄  ̄ ̄i.ノ ̄ ̄><

2 :はじめまして名無しさん:2016/04/03(日) 02:58:46.58 ID:???0

艦これ?

3 :はじめまして名無しさん:2016/04/03(日) 04:22:35.84 ID:???0

>>1

4 :はじめまして名無しさん:2016/04/03(日) 12:03:59.48 ID:???0

鎮守府敷地内に建った新しい官舎に住むことになった。小さな一軒家だが、一国一城の主というのは良い気分だ。
前の持ち主が音楽好きだったとかで、しっかりした防音設備がなされた
地下室が備え付けられていたのが、購入に踏み切った理由の一つでもあった。
上方にはドアも据え付けられていて、母屋の勝手口との出入りも簡単だ。
これなら将来、ピアノやバイオリンを買ってメロディーを多少大きくしても、近所に迷惑はかからないだろう。
だがその地下室と防音設備は、全く違う形で役に立つ事になるのだった。
引っ越して間もなく、片付けも終わらない内に出張があり、1週間家を留守にして帰ってきた日の事だ。
何もないはずの庭の隅の方に草むらのようなものとピンク色の物体が見えて、俺はぎょっとなった。
ゴーヤだ。しかも10体ほどの赤ごっぱまでいる。
草むらのようなものは藁や雑草だった。俺が留守の間に勝手に忍び込んで巣を作ったらしい。
「デチッデチッ♪」「チィチィ♪チィチィ♪」
俺が帰ってきたのにも全く気づいていないらしく、楽しげな鳴き声が聞こえた。
思わず頭に血が上った。俺だってまだ新居でろくにくつろいでいないというのに、
無断で居座った上にガキまで産みやがって……!
「てめえっ!」
カバンを放り投げた俺は、ゴーヤめがけてダッシュした。
「デチッ!?」
足音でようやくゴーヤは気づいたようだが、次の瞬間、その顔面に俺の靴がめり込む。
「デギャアッ!!」
ぶっ倒れたところにストンピングの雨嵐を降らせた。
「この野郎!人んちに忍び込んで勝手にガキを産むたぁ、ふざけんじゃねえぞ!!」
「デギャァ!!デチィ!!デチィィィ!!」
半死半生になったところで膝を思いっきり踏みつけて足を折ってやった。
「デッ!……デギャァァァ!!」
これでは立って歩く事すらできまい。ざまあみろだ。

5 :はじめまして名無しさん:2016/04/03(日) 12:10:07.97 ID:???0

「チィチィチィ!」「チィチィチィ!」
赤ごっぱ達はもがき苦しむ母親を囲み、しっかりしてと言いたげにチィチィ鳴いている。
健気だが馬鹿な連中だ。さっさと逃げればいいものを。
俺は地下室に行き、引っ越しの時使った大き目のダンボール箱を一つ持ってきた。
赤ごっぱを片っ端から引っ掴んでダンボール箱に放り込んでいく。
「チィチィ!?」「チピィッ!」
有無を言わさず全員ぶち込んでガムテープで蓋をした。さすがに重い。
「デチィィッ…デギャ!!」
母親にもう一発蹴りをくれてから、何とか箱を抱えて官舎の地下室まで運び、扉に鍵をかける。
こいつらの処置は後で考えるとして……まずは母親だ。
「もしもし、憲兵隊ですか。ゴーヤを捕獲したので引き取りに来てもらえますか」
連絡してしばらくすると、黒い軍服を着た憲兵隊員がやって来た。
「デッ!?デチィーッ!!デチィーッ!!」
どこかに連れて行かれると悟ったゴーヤは抵抗するが、あっという間に車の檻に入れられる。
「でっげえええええええええぇぇぇあがぢゃんをがえじでぇぇぇでぢゃああああああああああっっっ!!!」
子供を求めて檻の隙間から手を伸ばすが、扉は閉められ、車は走り去っていった。
子供の事を心配している場合じゃないのにな。この後はガチンコゴーヤファイトクラブで死ぬまで殺し合いをさせられ続けるのだ。
俺に蹴りまくられた苦痛に比べれば、楽には死ねないだろう。
さて、残るはあの騒がしい赤ごっぱどもだが……仮に解放してやったとしても、
こんな生まれたてのゴッパが野生で生きていくのは不可能だろう。
だったらさっさと母親の後を追わせてやるのが、せめてもの慈悲というものだ。
とは言え、ただ始末するのも能がない。迷惑料代わりに俺を少々楽しませてからにしてもらおうか。
早速、工廠に行き、使われずに放置されていた対ゴ用アクリルケースを持ってきた。
ちょっとした荷物だったが、気分が高揚していたのでさほど苦にはならなかった。
あの赤ごっぱ達をどんな目に遭わせてやろうかと想像すると、自然と笑みがこぼれてしまう。

6 :はじめまして名無しさん:2016/04/03(日) 12:18:20.11 ID:???0

地下室の扉を開けると、ダンボール箱の中では赤ごっぱ達が暴れているらしく、
チィチィという大合唱と共に箱が揺れている。元気なものだ。
地下室内の蛍光灯をつけてケースを床に置く。
そこそこの大きさの代物だ。赤ごっぱ共にはやや広すぎる気もするが、逃げ惑う姿を見たかったのであえて大きいサイズにした。
当然ケースの中には何もないが快適な生活などさせるつもりはないから、これでよいのである。
さあ、牢獄の完成だ。もちろん赤ごっぱどもは全員無期懲役だ。
組み立てを完了した俺は、ダンボール箱を抱え上げ、ケースの上でひっくり返した。
「チピピィ!」「デチッ、チィィッ!」
赤ごっぱ達はころころと落下して、チィチィ騒いでいる。
改めて数えてみたら12体もいた。よくもまあこれだけ大量に産んだものだ。
ケースの中で右往左往しながら、赤ごっぱ達は閉じ込められたことを理解したらしい。
俺に向かって「ここから出せ」とばかりに抗議している様子だ。
知ったことではない。お前らは囚人なのだからな。囚人には囚人らしい番号をつけてやろう。
俺は家の中から油性マジックを持ってきた。そして赤ごっぱの1匹を掴み出す。
「チィッ!?チィィー!!」
放せ放せとばかりに赤ごっぱは手足をジタバタさせて暴れるが、
俺はその水着に大きく「1」と殴り書きした。背中にも書く。これでこいつは囚人「1号」というわけだ。
1号をケージの中に放り入れ、逃げ惑う奴らを次々ひっ捕まえて2、3、4と番号を振ってゆく。
12匹全部に振り終えると、赤ごっぱ達は必死でその番号を消そうとあがいていた。
手でゴシゴシこする者や、他の奴の文字を舌で舐めて消そうとする者などいろいろいたが、
油性マジックが簡単に落ちるわけがない。
字が消えないとわかると、皆一様に表情が暗くなり、大半が「チィチィ…」とベソをかき始めた。
ゴーヤの水着は珍獣の自慢のチャームポイントだ。
ガキ共とはいえ、それを汚されたのはショックだったのだろう。
だが泣き寝入りしない奴も数匹いた。こんな仕打ちをした俺を許せないとばかりに、
中でも特に「チィチィチィ!チィ!」と声高に騒ぐ奴が1匹いる。
真っ先に番号を振ったこいつは1号。明らかに怒っている顔だ。

7 :はじめまして名無しさん:2016/04/03(日) 12:27:21.59 ID:???0

まずは見せしめが必要か。反抗的な奴は長生きできない事を教えてやろう。
地下室の床に落ちていたビニールの紐を1本手にする。1メートル弱くらいの長さだ。
先の方を結んで輪を作り、騒いでいる一号の首に引っ掛けて吊り上げた。
「チッピィィ!?」
宙吊りにされてもがく一号を、ケースの外から赤ごっぱ達の真ん前に突きつけた。
「チュヒィィ!キュゥゥ…ヒィィーッ!!」「チィチィーッ!」「チィチィ!」
絞首刑になった一号は舌を突き出し、口をパクパクさせてもがくが、暴れるだけ首は絞まっていく。
口からは食べたものが吐き出されるわ、うんこで尻の水着が膨らんで悪臭も放つわ
おしっこは両脚から垂れてきて、ジタバタ暴れるので飛び散ったりして実にカオスな状況だ。
それを何とか助けようと、チィチィ叫びながら手を伸ばすケースの中の赤ごっぱ達。無駄な努力だ。
「デチィィ……ィッ……」
やがて一号の動きが止まった。足がだらんと垂れ、絶命する。
「チィィーッ!!」
泣き叫ぶ赤ごっぱ達の中に、舌を突き出して苦悶の表情を浮かべた一号の死体を、紐ごと放り込んだ。
わらわらと取り囲み、揺さぶったりしているが、生き返るわけがない。
姉妹の死を実感したらしい赤ごっぱ達は「チィチィ…」とさめざめ泣き始めた。

8 :はじめまして名無しさん:2016/04/03(日) 12:31:10.76 ID:???0

「おい、お前ら」
俺の声に赤ごっぱ達はびくっとして振り返る。
「わかっただろう、俺に逆らう奴はこうなるんだ。命が惜しければ少しは大人しくするんだな」
言葉はわからなくても、大体俺の感情は読み取れるのだろう。
悔しそうな目で睨みつける者や、怯えてプルプル震えている者など、反応は様々だ。
それを見比べ、俺はニヤニヤ笑っていた。面白い、実に面白い。こいつは当分楽しめそうだ。
餓死させるのはいつでもできるから、とりあえずは餌を与えて元気でいてもらう事にする。
俺は家の中に戻り、一番大きい大皿とミルクを用意してガレージに引き返した。
赤ごっぱ達はまだ1号の死体を囲んで悲しみに暮れている。
その輪から少し離れたところに、ミルクの大皿を置いた。
「おら、飯だぞ」
反応はここでいくつかに分かれた。
よっぽど腹が減っていたのか、絞首刑にされた1号の事も忘れて「チィチィ♪」と笑顔でミルクを啜り始める無邪気な者が6匹。
姉妹を殺した俺の差し出した食事に手をつけてよいものかどうか迷っている者が3匹。
そして残るのは、その程度では懐柔されず俺に憎悪を燃やす者だ。2匹が俺の方を睨んでいる。3号と8号だ。
その2匹は暢気にミルクを飲んでいる赤ごっぱ達に、「チィチィ!チィ!!」と何やら訴えている。
そんなものに騙されちゃだめだ、あの人間は姉妹の仇なんだぞとでも説得しているのだろう。
それで結構、非常にわかりやすい。お前ら2匹を黙らせれば不満分子はいなくなるという訳だ。

9 :はじめまして名無しさん:2016/04/03(日) 12:43:09.63 ID:???0

俺は段ボール箱の中から工具箱を出し、その中からニッパーを取り出した。
そして素早く手を伸ばし、3号と8号をケージの中から掴み出した。
8号を足で踏みつけて逃げられないようにしてから、3号を掴んでケージの中の赤ごっぱ達に突き付ける。
「チィィーッ!?」「チィッ!チィーッ!!」
ミルクを飲んでいた6匹と、逡巡していた3匹もさすがに驚いてこちらを見る。
俺はそいつらに見せ付けるように、3号のアホ毛を力任せに引きちぎった。
「ヂギャァァァァァァァ!!!」
ゴーヤの体の中でも最も敏感な部位であるアホ毛を引きちぎられて、3号は肺から絞り出すような絶叫を上げた。
そいつをケージの中に放り投げ、今度は8号の方の小指を切り落とす。
「ピギィィーーーーッ!!!」
同じように泣き叫ぶ8号をケージに投げ入れた。2匹は切られた部位を押さえてのた打ち回っている。
残りの9匹はどうしたらよいかわからず、おろおろしているばかりだ。いやしのはどうなど誰も覚えていないだろうしな。
2匹はいつ止むともしれず悲鳴を上げ続けているので、ちょっと気になった。
この地下室の防音設備なら多少泣こうが喚こうが外には音は漏れないはずだが、もし近所に聞かれたらさすがに体裁が悪い。
ちょっと地下室から外に出て、扉を再び下ろし、耳を澄ませてみる。
何かかすかに音が聞こえるがほとんどわからない。赤ごっぱが騒いでいると気づく者などいないだろう。
これで一安心だ。心置きなく思いっきり悲鳴を上げさせてやるからな。
扉を上げて再び地下室の中に入る。叫び疲れたのか、3号と8号の悲鳴はだいぶトーンが落ちていた。
よく見ると切断された傷跡をペロペロ舐めて癒そうとしている奴がいる。野生の本能といったところか。
残りの連中は何やらチィチィ語りかけ、慰めているようだ。だが2匹のショックは大きく、プルプル震えている。
これでほとんど俺に反抗する気はなくなっただろう。だが、念の為とどめを刺しておこうか。
俺は灰皿と煙草を持ってきて一服した。そして灰皿の中にさっき切った3号の触覚と8号の尻尾を入れる。

10 :はじめまして名無しさん:2016/04/03(日) 15:49:18.76 ID:MANu/vgx0

虐待スレと化して草

11 :はじめまして名無しさん:2016/04/03(日) 23:32:09.27 ID:APqg/lB40

ゴーヤは馬鹿である
ゴーヤは汚く不潔である
ゴーヤは意地汚く性根の腐った珍獣である
ゴーヤは自分以外を見下している塵クズである

12 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 00:20:36.91 ID:???0

                 -――- 。
               彡:::::::::::::::::::::::::゜ミ⌒・    「出撃しなくてもご飯をいっぱい食べられる」
              /::/レヘ::::;ヘ:::::i::::::|       って宣伝文句につられてゴーヤが転職した先は下水処理場でちた。
             〈|::::l;;;。ィ’::li:.。;`-!:::::j       ここは汚水と汚物をたくさんのゴーヤに食べさせて処理しているのでち。
              ji::〈#))jj-ii;;(#/:::::| ⌒・    こんなのご飯じゃないでち… ゴーヤだまされたでち…
               V`ゥrr-.rュイ人人
            ・⌒●と1::ー:’::! i
      ∬         |::#:::::し’
      ●         ヘ::;;;#/
      ●●         i Y#/
     ●●●        ∪ ∪

13 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 00:28:24.95 ID:???0

                 -――- 。
               彡:::::::::::::::::::::::::゜ミ⌒・    一日に食べて処理する量にはノルマがあって、
              /::/レヘ::::;ヘ:::::i::::::|       汚物10キロ、汚水20リットルでち。
             〈|::::l;;;。ィ’::li:.。;`-!:::::j ⌒・    太陽さんが昇るまでにこの量を食べられないと職員に虐待されるでち。
              ji::〈#))jj-ii;;(#/:::::| クチャ    ゴーヤのぷりちーだったお顔や髪の毛も、
               V`ゥrr-.rュイ人人 クチャ…  ストレスと虐待でご覧の有様でち。
            ・⌒  /1::ー:’::! i.
      ∬        し|::#:::::し’
      ●         ヘ::;;;#/
      ●●         i Y#/
     ●●●        ∪ ∪

14 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 00:29:55.05 ID:???0

                 -――- 。
               彡:::::::::::::::::::::::::゜ミ⌒・     ゴーヤおばかさんだったでち…
              /::/レヘ::::;ヘ:::::i::::::|       鎮守府にいた頃は、量は少なかったけど三食ご飯が食べられまちた。
             〈|::::l;;;。ィ’::li:.。;`-!:::::j ⌒・    ゴーヤがMVPをとると、提督は褒めてくれたでち。
              ji::〈#))jj-ii;;(#/:::::| クチャ    だけどもっとご飯が食べたいってわがまま言って、
               V`ゥrr-.rュイ人人 クチャ…  提督の制止も無視してここに転職して…
            ・⌒  /1::ー:’::! i.
      ∬        し|::#:::::し’          てーとく、鎮守府に戻りたいよぅ…ウミュウ…
      ●         ヘ::;;;#/
      ●●         i Y#/
     ●●●        ∪ ∪

15 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 00:32:53.85 ID:???0

                 -――- 。
               彡:::::::::::::::::::::::::゜ミ⌒・     ウップ…ようやく今日のノルマ達成でち…
              /::/レヘ::::;ヘ:::::i::::::|       太陽さんが昇るまであと2時間しかないけど寝るでち。
             〈|::::l;;;。ィ’::li:.。;`-!:::::j ⌒・    体じゅうが痒くて、安眠なんかできないけど…
              ji::〈#))jj-ii;;(#/:::::|       もちろんお風呂なんか入れさせてもらえないでち。ウプッ
               V`ゥrr-.rュイ人人
            ・⌒  /1::ー:’::! i.
                し|::#:::::し’
                 ヘ::;;;#/
                 i Y#/
                 ∪ ∪

16 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 00:33:55.49 ID:???0

                 -――- 。
               彡:::::::::::::::::::::::::゜ミ⌒・     オエッ!オエエッ!
              /::/レヘ::::;ヘ:::::i::::::|       オエーーーーッッ!!
             〈|::::l;;;。ィ’::li:.。;`-!:::::j ⌒・
              ji::〈#)jjДii;;(#/:::::|
               V`ゥr|||irュイ人人
            ・⌒  /1:i|||i!::! i.
                し|::i|||i::し’
                 ヘ::;;;#/
                 i Y#/
                 ∪ ∪
            

17 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 00:34:48.95 ID:???0

                 -――- 。
               彡:::::::::::::::::::::::::゜ミ⌒・     ちゃああぁ…吐いちゃった…吐いちゃったでち…
              /::/レヘ::::;ヘ:::::i::::::|       吐いたらそれも食べないとノルマ達成にならないでち。
             〈|::::l;;;。ィ’::li:.。;`-!:::::j ⌒・    あと2時間で食べるなんて無理だよぅ……
              ji::〈#)jjДii;;(#/:::::|       こんな生活もういやデチィ……
               V`ゥrr-.rュイ人人
            ・⌒  /1::ー:’::! i.
                し|::#:::::し’
                 ヘ::;;;#/
                 i Y#/
                 ∪ ∪
              ⊂;::;.,.’;;;;’::.:.;::.⊃o;:.,゚.,。

18 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 00:35:53.66 ID:???0

一ヶ月後
                 -―-         ゴーヤ、病気になってしまったでち。
               彡    ゚ミ        毎日こんなもの食べてたら当然でちけど…
               /レヘ::::;ヘ i ⌒・     ここでは毎日のようにゴーヤたちが発狂するか、病気か虐待で死ぬでちから、
               l;;;。ィ::li:.。;#!        誰も気に留めてくれないでち。ゴーヤも、もうすぐ死ぬんでち…
            ・⌒ i:))jдi;;(/
                ゥrr-rュイ         死んだ後もお墓なんかなくて、
                i1::ー’:!i         死体を解体されて資材になって、格安で売られるのでち。
                i.)::#:(iノ ⌒・     ゴーヤの人生って、なんだったんでちかね……
          ●     ヘ.:;;::/
         ●●     i Y/
        ●●●    ∪∪

19 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 00:37:34.03 ID:???0

数日後

                ((―-
              /    ゚丶 ⌒・
          ・⌒ /レヘ::::;ヘ  i
             l_, 。ィ’::li:.、`-!    チーン
             i:)),jqi;;’ (; /
             `ゥrr-.rュイ ⌒・                作業員A『おーい、くたばったみたいだぞー。さっさと解体処分しようぜー。』
              /1:ー:’::! i
             //::::::::/iノ                 作業員『バカにふさわしい、惨めな死に方だな。』
             `ヘ.:;;;:/                   
              /Y/
              ソソ                                   HAPPY END

20 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 14:36:37.49 ID:???0

                    ,.r-=
                     (( -――-.(ソ
                   /:::::::::::::::::::゚丶
                   /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::| 夜の海って怖いんでち〜!  
                 〈|::::l ●`’ ●`-!:::j
                  ji::〈 “  。   “/:::| 何にも見えないくらい暗いでち〜……ん?   
                   V`ゥrr-.rュイ人人
              ..      (::`ー:’::@)     
                      !::::::::::::::i.  
                     ヽ::;;;::::/

21 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 14:39:14.24 ID:???0

                    ,.r-=
                     (( -――-.(ソ
                   /:::::::::::::::::::゚丶
                   /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::| ( あ、そうだ……ゴーヤが暗いの怖いって言ったら  
                 〈|::::l ●`’ ●`-!:::j
                  ji::〈 “  −  “/:::| てーとくがおめめさんをとっちゃったんだった……… )
                   V`ゥrr-.rュイ人人
              ..      (::`ー:’::@)     
                      !::::::::::::::i.  
                     ヽ::;;;::::/

22 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 14:40:04.95 ID:???0

                    ,.r-=
                     (( -――-.(ソ
                   /:::::::::::::::::::゚丶
                   /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::| きっとそのうちこのおててもとられちゃ……  
                 〈|::::l ●`’ ●`-!:::j
                  ji::〈 “  д  “/:::| ( ぁ…勝手に報告書をみようとしておてても…もう…… )
                   V`ゥrr-.rュイ人人
              ..      (::`ー:’::@)     
                      !::::::::::::::i.  
                     ヽ::;;;::::/

23 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 14:41:20.13 ID:???0

                    ,.r-=
                     (( -――-.(ソ
                   /:::::::::::::::::::゚丶
                   /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::| もういっぱいでち!このままじゃゴーヤちんじゃうよ!  
                 〈|::::l ●`’ ●`-!:::j
                  ji::〈 “  Д  “/:::| いっその事、この鎮守府から逃げなくちゃ……ぁ
                   V`ゥrr-.rュイ人人
              ..      (::`ー:’::@)     
                      !::::::::::::::i.  
                     ヽ::;;;::::/

24 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 14:42:31.77 ID:???0

                    ,.r-=
                     (( -――-.(ソ
                   /:::::::::::::::::::゚丶
                   /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::| ( ゴーヤのプリチーな…あしさんも……  
                 〈|::::l ●`’ ●`-!:::j
                  ji::〈 “  −  “/:::| てーとくが気持ち悪いからって言ってちぎられて……… )
                   V`ゥrr-.rュイ人人
              ..      (::`ー:’::@)     
                      !::::::::::::::i.  
                     ヽ::;;;::::/

25 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 14:46:27.90 ID:???0

                    ,.r-=
                     (( -――-.(ソ
                   /:::::::::::::::::::゚丶
                   /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::|  
                 〈|::::l ●`’ ●`-!:::j
                  ji::〈 “  −  “/:::|   
                   V`ゥrr-.rュイ人人
              ..      (::`ー:’::@)     
                      !::::::::::::::i.  
                     ヽ::;;;::::/

26 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 14:48:34.65 ID:???0

                    ,.r-=
                     (( -――-.(ソ
                   /:::::::::::::::::::゚丶
                   /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::|  
                 〈|::::l ●`’ ●`-!:::j
                  ji::〈 “  −  “/:::|   
                   V`ゥrr-.rュイ人人
              ..      (::`ー:’::@)     
                      !::::::::::::::i.  
                     ヽ::;;;::::/

27 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 14:51:36.58 ID:???0

                    ,.r-=
                     (( -――-.(ソ
                   /:::::::::::::::::::゚丶
                   /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::| クスッ  
                 〈|::::l ●`’ ●`-!:::j
                  ji::〈 “  ー  “/:::|   
                   V`ゥrr-.rュイ人人
              ..      (::`ー:’::@)     
                      !::::::::::::::i.  
                     ヽ::;;;::::/

28 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 14:59:25.24 ID:???0

                    ,.r-=
                     (( -――-.(ソ
                   /:::::::::::::::::::゚丶
                   /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::| ぁはは……  
                 〈|::::l ●`’ ●`-!:::j
                  ji::〈 “  ヮ  “/::::|   
                   V`ゥrr-.rュイ人人
              ..      (::`ー:’::@)     
                      !::::::::::::::i.  
                     ヽ::;;;::::/

29 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 15:01:51.08 ID:???0

                    ,.r-=
                     (( -――-.(ソ
                   /:::::::::::::::::::゚丶
                   /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::|   
                 〈|::::l ●`’ ●`-!:::j
                  ji::〈 “  ヮ  “/::::|   
                   V`ゥrr-.rュイ人人
              ..      (::`ー:’::@)     
                      !::::::::::::::i.  
                     ヽ::;;;::::/

30 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 15:03:54.51 ID:???0

                    ,.r-=
                     (( -――-.(ソ
                   /:::::::::::::::::::゚丶
                   /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::|  
                 〈|::::l ●`’ ●`-!:::j
                  ji::〈 “  −  “/:::|   
                   V`ゥrr-.rュイ人人
              ..      (::`ー:’::@)     
                      !::::::::::::::i.  
                     ヽ::;;;::::/

33 :はじめまして名無しさん:2016/04/04(月) 21:57:42.78 ID:VFbQRO550

                       トイ
                       トイ
                   ,.r=  トイ
                    (( -―トイ-.(ソ
                  /:::::::::::::::::::::゚丶
                  /::/レヘ::::;ヘ:::::i:::::|
                〈|::::l (゚_)`’ (_゚)`-!:::::j
                 ji::〈 | |Д | | /:::::|
                  V`ェェェェェェェイ人人
                   /1:::ー:’::! i.
                      し|:::::::::::し’
                    ヽ:::;;;::::/’
                    i Y /
                    ∪ ∪ 1f440.png
   時間つぶしアンテナトップページへ
時間つぶしアンテナの話題が沢山。